絵本専門士・JPIC読書アドバイザーの優有が、絵本と学びと日常をゆるっと綴ります。

みどりのふえ

https---www.pakutaso.com-assets_c-2014-05-HAW8686_frutetogakuhu500-thumb-1000xauto-4596

今日はさわやかな風の吹く一日でした。
さわやかというと、思い出すのがこの絵本です。
きれいで、透明感のある、思いやりの世界です。……

『みどりのふえ』

あまんきみこ/作 おぐらひろかず/絵 (フレーベル館)

えっちゃんは、なくしてしまった笛を見つけますが、すでにきつねのこに拾われ大切にされているのを見て、そのまま笛を託します。
動物たちとの楽しげな音楽会や、心の交流がとても美しく、読後はさわやかな気持ちになるのでは。
思いやりのすばらしさを伝えます。
優しく、ほんわか包み込むような絵も素敵です。

春になると連れ出して

これは仕事場で、偶然出会った絵本です。
初対面は倉庫の中での出会いでした。
私は、春になると時々この絵本を連れ出して、読み聞かせをしました。
解き放たれたお話が、するするっと画面から流れ出て、それを聞いてくれている子どもたちの顔も、心なしかほうっと優しい表情になっているようにみえました。

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-01-ANJ86_tukuenoshita20141115104929500-thumb-1000xauto-5837

さわやかな春風が吹く日に読みたい

夏が本格的に来る前に、紹介したかった作品です。
よかった。
青空と、さわやかな風が吹く日が来てくれたことに、感謝。

The following two tabs change content below.
優有(ゆうゆう)

優有(ゆうゆう)

ブログ運営者の優有(ゆうゆう)です。子どもたちの幸せと育ちを支えたく、『身近な絵本のプロ』として活動中!絵本の読み聞かせや読書会を通して、コミュニケーションの楽しさ、大切さを2010年から伝えています。(絵本専門士・JPIC読書アドバイザー・日本心理学会認定心理士・幼稚園教諭・保育士)愛知県出身・親指シフトユーザー。詳しいプロフィールはこちら。
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です