【絵本】もっともっと おおきなおなべ

R0000650

急に寒くなってきました。暖かい飲み物や食べ物が、恋しい季節ですね。
そんな時に思い出す絵本を紹介します。
こんななべ料理、たべてみたいなあ~~~!……

『もっともっと おおきなおなべ』

寮美千子/作 どいかや/絵 (フレーベル館)

ねずみくんがシチューをつくろうとして、いろいろ足していくと……おなべはいっぱいに。
そこで、もっとおおきなおなべを、他の動物のところへ借りに行きます。
せっかくおおきなおなべを借りたのに、具材をたしてもらうので、またまたおなべがいっぱいに。
やさしさと、繰り返しと、季節の味覚がたーっぷりはいった、秋のおしいしお話です。

たくさんのやさしさ、おいしさが伝わってきます。

シチューって、どんなイメージでしょうか。
ほかほか? あっつあつ?
だれかと食べるイメージ? 家族かな。 それとも、おかあさんのイメージでしょうか。
どのイメージにしろ、しあわせがいっぱいはいっていそう。

あらあら おなべは もう いっぱい。
もっと おおきな おなべがなくっちゃ。
こうして、おなべを通して、関わりがひろがっていきます。

読み聞かせるなら、乳児さんからでも大丈夫そう(少し長めなので、笑顔いっぱい、調子の良い時にぜひ♪)
以前こちらを紹介したら、保育園の先生が、
乳児さんの劇に使いたいわ~!
とおっしゃって、動物の耳をつけた子どもたちの劇を、発表会にされたことがありました。
ねずみや、りすや、うさぎになったこどもたち、「あらあら おなべは もう いっぱい」ってみんなで言ったのかしら。
シチューをいただいただときみたいに、ほっこりした気持ちになりました。
R0000621

おすそわけってしあわせですね

おなべの借り先の動物たちが、どんどん具材をたしていきますが、
これって、わたしたちの生活にも、あてはまりませんか?
困った人がいたら、自分にできることを足していく。
さいごに、スペシャルシチューができあがります。

お互いのあたたかい関わりまで、じんわり伝わるようです。
この動物たちみたいに、おすそわけできるひとに、なりたいなあ♪