絵本専門士・JPIC読書アドバイザーの優有が、絵本と学びと日常をゆるっと綴ります。

【絵本】終わらない夜

d02aa08d8319edfc78f9b2443f518438

暑い夏の夜が始まりましたね。寝苦しい…。
眠れない夜は、こんな不思議な夜を、のぞいてみませんか。
ファンタジーのような、トリックアートのような。魔法の世界にお連れします。……

『終わらない夜』

セーラ・L・トムソン/作 ロブ・ゴンサルヴェス/絵 金原 瑞人/訳 (ほるぷ出版)

二つの世界が溶け合う不思議な美しい絵とともに、詩が静かに夜を繋いでいきます。
この作品の魅力は、なんといっても絵だと思います。
廊下の奥から汽車が……、真っ白な雪が布団に……。
眠る前のいろいろな妄想や、夢の中のことが、目の前に表現されている感じ。
どの作品も、惹き込まれてしまう。

夜って特別

絵は、カナダの画家の、ロブ・ゴンサルヴェスさん。
これは、錯視? トリックアート? なんというのでしょう。

そういえば、子どもの時って、夜のことは得体が知れなくてこわくて、特別な気がしませんでしたか?
こんな、もやっとした感覚が許されていたような気がします。
小さい頃のことを思い出しながらこの絵本を見ると、なんだか懐かしいような気がしてくるから、不思議です。

ロブ・ゴンサルヴェスさん作品

他にも、たくさんロブ・ゴンサルヴェスさんの絵が見たい方は、Facebookページを見つけましたので、よろしければどうぞ。
作品が見られます♪ ↓

公式Facebookページ

他には『真昼の夢』 『どこでもない場所』と、同じ作者さんたちで、絵本が出ていますので、ぜひ手に取ってみては。

IMG_20131107_175738

つながるもの

この絵本との出会いは、他の目的があって行った図書館で、通りすがった本棚に、置いてあったものでした。
この絵本と目がぱちっと合った気がして、出口に向かっている途中でしたが、手に取ったのです。
見た瞬間、ふるえました。
シュールレアリズムの絵は、私の心惹かれる絵のジャンルのひとつです。同じ香りが、ぷーんとしました。
バロやマグリットに感銘を受けた方、なのですね。

出会いは、どんなところにあるかなんて、わからないものですね。
いつも、心の扉は、さわやかにあけておきたいものです。

 

The following two tabs change content below.
優有(ゆうゆう)

優有(ゆうゆう)

ブログ運営者の優有(ゆうゆう)です。子どもたちの幸せと育ちを支えたく、『身近な絵本のプロ』として活動中!絵本の読み聞かせや読書会を通して、コミュニケーションの楽しさ、大切さを2010年から伝えています。(絵本専門士・JPIC読書アドバイザー・日本心理学会認定心理士・幼稚園教諭・保育士)愛知県出身・親指シフトユーザー。詳しいプロフィールはこちら。
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です