絵本専門士・JPIC読書アドバイザーの優有が、絵本と学びと日常をゆるっと綴ります。

【絵本】魅惑の食、おやつ・お菓子の絵本

R0001354 (2)
おやつ。きっときらいな人は少ないのでは。
こどもたちはもちろん、ほっとひといきつくとき、つかれたとき、大人でもついつい手が伸びちゃう。
絵本を見て、こんなの食べたーい、と一度は思った事があるはず。絵本で、おいしーいお菓子の時間を、めしあがれ☆……

「しろくまちゃんの ほっとけーき」
わかやまけん/作・絵 (こぐま社)
しろくまちゃんがホットケーキを作っていくお話なのですが、いちばんの魅力は、主人公のしろくまちゃんではなくて、ホットケーキかなあと。焼けていくページ、ぺたん、ふくふく、くんくん、ぽい、って、つい出来上がりを楽しみにしちゃう。あーー、いますぐ食べたい(笑)


「ぐりとぐら」
なかがわえりこ/作 おおむらゆりこ/絵 (福音館書店)
自分たちより大きなたまごをみつけた、ぐりとぐら。何を作るか相談の末、おおきなカステラを作ることにしました。おおきなカステラを入れるために、絵本を横長にしたのかと思うくらい。ふわふわっと甘いにおいもただよってきそうで、たまりません。名作です。

「ちびくろ・さんぼ」
ヘレン・バンナーマン/作 フランク・ドビアス/絵 光吉夏弥/訳 (瑞雲舎)
有名な、トラがぐるぐる回って、バターになる場面をみたら、だれでも味わってみたいと思うもの♪ そのバターで作ったホットケーキを、ちびくろさんぼは169枚も食べたのですって! 一枚くらいわけてほしいものだと、幼心に思っていました(笑)絶版になっていた時期もあるこの作品。また気軽に手にはいるのも嬉しい今です。

「和菓子の絵本」
平野恵理子/作・絵 (あすなろ書房)
77種の和菓子の紹介や、作り方、歴史などを伝えます。和菓子ってこんなにあるのー! とびっくり。ぐっと和菓子に親しみもわいてきそう。例えば、外国の方へ日本の文化の話をする時があったら、この絵本を見せても素敵かも♪ 和菓子のことがきっと好きになる一冊。

「ケーキ やけました」
彦坂有紀・もりといずみ/作 (講談社)
木版画で刷り上げられたたくさんのケーキたち。チーズケーキはしっとり、アップルパイはさっくさく。うーん、見ているだけで、たべてみたい!
前作の「パンどうぞ」もおいしそうなことにかけては、負けていません。ぜひあわせてご覧ください(*^-^*)

「からすの おかしやさん」
かこさとし/作・絵 (偕成社)
あの人気作、「からすのパンやさん」から40年ぶりの続編4冊のうちの、はじめの1冊目です。4羽の兄弟のうちのチョコちゃんが成長した姿に出会えます♪もちろんもちろん、おいしそうなおかしもいーっぱい! どれを食べてみたいか、わいわい会話が広がる時間が見えるようです。懐かしい方も、きっといらっしゃるのでは☆

「もしも せかいが たべもので できていたら」
カール・ワーナー/写真・文 今井悟朗/訳 (フレーベル館)
作者は風景カメラマンとして活躍しているイギリス出身の写真家さん。お菓子の家、チョコレートの汽車…街の全てが、食べ物で作られているのに、びっくり! 絶景、おもわずじっくりみちゃいます。ここで使われた食材は、撮影の後、全ておいしくスタッフみなさんで食べているそうです♪

絵本の食の世界を感じてみたーい、絵本クッキングをやってみましたよ♪

先日、絵本の読み聞かせと一緒に、クッキング会をやってみました。こどもも大人も、きゃっきゃ言いながら作って、笑顔いっぱい!夢って、実現するのですねえ。
からすのパンやさんのパンも、ぐりとぐらのカステラケーキも、目の前にあって、味わえるしあわせ(*^-^*)
会は、こーんな様子でした♪

・「絵本の世界へようこそ」

ブログ「アシベノミクス」運営、カメラマンでもある、参加者のゆきさん。言葉の選び方も写真も、ゆきさんのセンスに惚れてる私としては、嬉しーい。会場の雰囲気が伝わってきますー! 素敵な記事をありがとうございました(*^-^*)
http://ashibenomics.com/archives/2435

・「子供たちの笑い声と甘い香りが広がる休日のKitchen Bee」

今回お借りしたスペース、Kitchen Bee梅村さんが書いてくださった記事♪ たくさんの素敵写真も撮ってくださいました。全体を見てくださっていて、ブログでは子どもたちの様子も伝わってきて。Kitchen Beeさんならではの「猫の手サービス」、さいこうでした\(^^)/
http://kt8.jp/archives/1110

・「【イベントレポ】作ってみたーい、絵本の世界。東京・浅草橋レンタルキッチン Kitchen Bee。」

私、優有のイベントレポです。様子だけでなく、作ったものや、紹介の絵本リストも載せました。今見返してみても、楽しさと笑顔であふれてる!
http://wp.me/p6cOlt-kF

・「【イベントレポ続き】作ってみたーい、絵本の世界。東京・浅草橋レンタルキッチン Kitchen Bee。」

つづき。こちらは、場作りの気付きについて。親子イベント開催のポイントも書いてます。楽しい場って、目に見える環境だけじゃなくって、お互いの心遣いも大きいなあ、と。
http://wp.me/p6cOlt-l7

DSD_4879

絵本のクッキングは、こどもだけではできないこと。一緒に関わり合いながらつくると、さらに楽しいこと。「食」をテーマにすることで、参加する全員がわくわくの時間になること。
人と人の距離が触れるほど近く、お互い関わり合える機会をもてることも、絵本を環境に取り入れるひとつの魅力だと思います。
これからも、絵本を通じて、こどもたちのしあわせや育ちにつながることをどんな形でしていけるのか、日々探しつつ、さまざまなチャレンジをしていきたいです。

たべたーい、おいしそーう、が、しあわせのもと♡

お好みのお菓子は見つかったでしょうか。
絵本を一緒に見るパパ、ママ、兄弟、友だち、先生……みーんなを笑顔にする、「おやつ・お菓子の絵本」で、しあわせのあまーい時間を、お過ごしください♪
R0001348

The following two tabs change content below.
優有(ゆうゆう)

優有(ゆうゆう)

ブログ運営者の優有(ゆうゆう)です。子どもたちの幸せと育ちを支えたく、『身近な絵本のプロ』として活動中!絵本の読み聞かせや読書会を通して、コミュニケーションの楽しさ、大切さを2010年から伝えています。(絵本専門士・JPIC読書アドバイザー・日本心理学会認定心理士・幼稚園教諭・保育士)愛知県出身・親指シフトユーザー。詳しいプロフィールはこちら。
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です