絵本専門士・JPIC読書アドバイザーの優有が、絵本と学びと日常をゆるっと綴ります。

たかこ

a0790_000732
古典も好きなジャンルのひとつです。
今日は、タイムスリップもの(!?) な絵本を紹介します。……

『たかこ』

清水真裕/作 青山友美/絵(童心社)。

週に1度くらいは、本屋さんの絵本コーナーをちらっとのぞくのですが、この絵本も新刊として本屋さんで出ていた時に、偶然手にとった作品です。
内容も印象深く衝撃的だったので、思わずじっくり何度も読んだのを、覚えています。
https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-04-PPS_kazaguruma-thumb-1000xauto-12964
クラスに、転校生のたかこさんがやってきます。
姿も、しぐさも、言葉も、平安貴族なたかこさん。
着ているものは十二単、話す言葉も「こころやすく ならむ」と挨拶。
自分たちとはずいぶん違う雰囲気の人が入ってきたら、きっと大抵の人は抵抗ありますよね。
そのうち、いやがらせまでされるようになるたかこさんですが、ピンチの時には、自分の強みをフルに使って、みんなを助けます。
たかこさんと、”ぼく”やクラスメメイトの、気持ちの変化も、みどころのひとつです。
https---www.pakutaso.com-assets_c-2013-06-PAK25_origamitoturu500-thumb-1000xauto-3027 - コピー
誰も出会ったことのない場面なのに、現実と非現実がとても心地よくって、なんだか共感するところも、あるなあと感じます。
入学した時、入社した時、はじめて参加する時って、誰でもありますもの…。

もし、新しい環境や、新しい挑戦に、勇気がもてなくて落ち込んだりしたら、わたしは、また、たかこさんに会いにいこうと思っています。

The following two tabs change content below.
優有(ゆうゆう)

優有(ゆうゆう)

ブログ運営者の優有(ゆうゆう)です。子どもたちの幸せと育ちを支えたく、『身近な絵本のプロ』として活動中!絵本の読み聞かせや読書会を通して、コミュニケーションの楽しさ、大切さを2010年から伝えています。(絵本専門士・JPIC読書アドバイザー・日本心理学会認定心理士・幼稚園教諭・保育士)愛知県出身・親指シフトユーザー。詳しいプロフィールはこちら。
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です