絵本専門士・JPIC読書アドバイザーの優有が、絵本と学びと日常をゆるっと綴ります。

りんごかもしれない

a1370_000428
なんじゃこれは、と思う絵本。
大人向け? いえ、大人より子どもの方がわかるのかしら。
ふしぎな世界。考えるのが好きになる。かもしれない。……

『りんごかもしれない』

ヨシタケシンスケ/作・絵(ブロンズ新社)

テーブルの上にりんごがおいてあった。でも、もしかしたら、これれはりんごじゃないのかもしれない。
大きなさくらんぼの一部かもしれない? ぼくから見えない反対側はみかんかもしれない?
想像が楽しい絵本。
疑問を持つだけで、こんなに世界は変わるのですね。

本屋さんで見つけて始めて読んだは、なんだか頭がぐるぐるしたのを覚えています。
良いアイデアが浮かばない時には、この絵本を読むと良いのかも。
a0960_006026
同じ作者さんで、
『ぼくのニセモノをつくるには』(ブロンズ新社)、『りゆうがあります』(PHP研究所)なども出ていますので、もし色々考えてみたい気分の方は、ヨシタケさんワールドに浸ってみては。
今度、りんごをみたら、まじまじと見てしまいそう♪
りんごじゃないかもしれない。

The following two tabs change content below.
優有(ゆうゆう)

優有(ゆうゆう)

ブログ運営者の優有(ゆうゆう)です。子どもたちの幸せと育ちを支えたく、『身近な絵本のプロ』として活動中!絵本の読み聞かせや読書会を通して、コミュニケーションの楽しさ、大切さを2010年から伝えています。(絵本専門士・JPIC読書アドバイザー・日本心理学会認定心理士・幼稚園教諭・保育士)愛知県出身・親指シフトユーザー。詳しいプロフィールはこちら。
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です