絵本専門士・JPIC読書アドバイザーの優有が、絵本と学びと日常をゆるっと綴ります。

11ぴきのねこ

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-04-PPP_hinatabokkodedameneko-thumb-1000xauto-12914
今日は友人数人でお泊り会でした♪
わいわいが楽しい、そんな時ってありませんか。
とっても楽しい一日だったので、今日はこんな絵本を選びました。……

『11ぴきのねこ』

馬場のぼる/作・絵 (こぐま社)

はらぺこのねこたちは、みんなで力を合わせて、大きな魚を捕まえます。
話の最後のオチにもご注目。見たら思わず、声にだして笑っちゃうのでは、と思います。

みんなに大きな魚をとったことを見せるために、とらねこたいしょうがあれだけ「ぜったい たべないこと」と言っていたのにも関わらず、
ねこたち、がまんできなくて、夜のうちに食べちゃいます。あとはみんな、そろってたぬきのようなおなか。

わいわい楽しいストーリーですが、11ぴきのねこたちが、力を合わせて魚をとるとか、何度もあきらめずに挑戦するとか、素敵なメッセージもたくさん入っています。
https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-04-PP_gyosen-thumb-1000xauto-12563
わたしは、これを始めて読んだ小学校の時、まだねこたちが腹ペコの場面、11ぴきで小魚を分ける場面を、繰り返し見ていた気がします。
兄弟が多かった上に、私自身押しが弱くてどんくさかったので、「しっぽは いやだよ」に、いたく共感していました…(笑)
実際に絵を見て頂くとより伝わるのですが、話の中では地味な場面なのですが、しっぽの尾ひれ部分だけのこの分け方は、差がありすぎなのです!(って、ついアツくなってしまった(笑)ぜひ見てみてください!)
しっぽの所にあたったねこがかわいそう、と、心の底から訴えたい気持ちがいっぱいでした。
それでも、ちゃーんと11ぴき全員で分けようとするのは素敵!
小さい頃…いえ、今でも、我が家では、おやつが少なくても、ちゃんと兄弟で分けていたなあと、思い出しました。
このねこたちのように、大きい、小さい、はありましたが(^^;

今日の私も、お話の最後の場面と同じように、おいしいものをたくさん食べた日でした。
おなかいっぱい食べられるって、しあわせ、しあわせ♪

The following two tabs change content below.
優有(ゆうゆう)

優有(ゆうゆう)

ブログ運営者の優有(ゆうゆう)です。子どもたちの幸せと育ちを支えたく、『身近な絵本のプロ』として活動中!絵本の読み聞かせや読書会を通して、コミュニケーションの楽しさ、大切さを2010年から伝えています。(絵本専門士・JPIC読書アドバイザー・日本心理学会認定心理士・幼稚園教諭・保育士)愛知県出身・親指シフトユーザー。詳しいプロフィールはこちら。
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です