遊びに繋がる。関わり合う絵本。

じっくり感じる絵本もいいけれど、その場にいたもの同士で楽しむ絵本も、それはそれで違う楽しみがうまれます。絵本を囲んで、誰かとわいわいできそうな作品を紹介します。

やさいのせなかって何だろと思う。何のことはなく、紙をのせてクレヨンでこすった模様のこと。身近なものの見方がかわるかも。
ぜひ先にページをめくらずに考えてみては。わりと難しいので、大人も一緒にぜひどうぞ。きっと、実際に野菜に触ってみたくなるはず。

せなかがあるなら、おなかもあります。野菜の断面のことを、こんなに考えることなんておそらくなかなかないことですよねきっと。いつも料理のお手伝いをしている子なら楽勝かしら。もし野菜が苦手な子がいたら、この絵本を読むのも良さそう。野菜のビジュアルの素敵さに、ちょこっと好きになれちゃうかもしれません。
※きうちかつさん作品「やさいのせなか」「やさいのおなか」「くだものなんだ」のデジタル絵本もあるようです(有料)

ページを直角にして楽しむ絵本だなんて、他になかなかない。鏡のしかけにうつして楽しむ絵本です。テーマは誰しも好きな、おやつ。ホットケーキを焼いたり、お茶を入れたり。ごっこ遊びをしている気分になれますよ。
ちゃんと相手がいても大丈夫なんです。ホットケーキもお茶も相手と自分、2つ用意があるんですよ。鏡にうつしたら、うれしい2つ♪

誰でも知っている歌って、歌い出した人がいたらいっしょについ口ずさんでしまうもの。実際のところ、私はこの絵本を持っていくたび、めくりながら歌っちゃうこと多しでした。みんなが知っている歌「おばけなんてないさ」の歌絵本。しかも5番までちゃんとのっています。その場にいる人で一緒に歌ってみてくださいね。きっと思いのほか歌えるはず♪

絵さがしが楽しい作品といえばこちら。1987年に誕生したイギリス発祥の人気絵本、「ウォーリーをさがせ!」はシリーズもたくさん。親子や友だちなど、誰かと一緒に探す楽しみもありそう。ウォーリーを探し出した後には、他の人物や小物も探してみてくださいね。こちらは新装版です。

ちょうどもうすぐ、2018年4月18日(水)~5月7日(月)、松屋銀座のイベントスクエアで「誕生30周年記念ウォーリーをさがせ!展」開催のようなので、ぜひどうぞ。初来日の絵本原画を見られます。
http://wally30.jp/

絵本でうまれる、関わり合いの場

ページを開くだけで誰かと関わる場になるって、絵本の素敵な魅力のひとつだと感じています。
親子で、兄弟で、友達と…メンバーがかわればまた楽しみ方も変わってくるはず。
絵本を通して、大切な人との心通う場になりますように。