絵本専門士・JPIC読書アドバイザーの優有が、絵本と学びと日常をゆるっと綴ります。

【ブログ名変更】「優有の絵本の庭」では、絵本や学びのおもてなしができる場にしていきます。

R0000571

旧「待夢庭園」 →  新「優有の絵本の庭」 へ、ブログ名を変更しました。
来て下さった方に、絵本や学びのおもてなしができるように、と決意を新たにブログを書いていきます。……

ブログ名変更の想い。

元々、ここのブログを立ち上げた時は、仮で昔作っていたサイト名をそのままつけていました。
私は、昔、小説家になりたかった夢がありました。
新人賞への投稿の他に、発信の場の一部としてつらつら書いていた小説をひっそりのせたサイトを、慣れないHTMLを1から調べながら自分で作りました。そこは、自分が作った、自分だけの場所でした。
「待夢庭園」は、その時の名前です。正直自信がなく、夢を待つ、受け身な気持ちでした。できたらいいな、と、どこか他人任せな甘えがありました。
それは、一足飛びにはできないけれど、納得しながら一歩ずつゆっくりでも進む、臆病な私の歩みの形でした。

夢を待つのではなく、つかみにいきたい。

先日、私が憧れに思う方のおひとり、奥田浩美さんの著書『人生は見切り発車でうまくいく』を読み直す機会がありました。
十分に準備をしてから動くのではなく、見切り発車でも行動していくことの大切さを、改めて感じました。

私には、絵本や学びを通して、子どもたちのしあわせや育ちに貢献できる人になりたい、という目標があります。
ここのブログを開設してから、「プレゼント用の絵本選びの時にここを見て参考にしたら、相手に喜んでもらえたよ」「シェアしてくれたことが役にたったよ」と、何人もの方から喜びの声をいただけました。
自分のできることで、誰かの役に立てる嬉しさを感じています。
これからは、「待夢(夢を待つ)」のではなく、夢をつかみにいきたい
ブログ名に「自分の名前」と「絵本」の文字を入れることで、自ら積極的に発信していくという、決意でもあります。
R0000498

これからの当ブログは…

私は、お茶の時間が大好きで、お庭を見に行くのも大好きです。人が心地よく過せるような心遣いに満ちた「場」が好きなのです。
「優有の絵本の庭」では、来て下さった方に、絵本や学びで、おもてなしができる庭のような存在になれるように、これから精進しながら日々発信していきます。
もし、よろしければ、当ブログでくつろいでいってくださいね。
笑顔でお待ちしております(*^-^*)

The following two tabs change content below.
優有(ゆうゆう)

優有(ゆうゆう)

ブログ運営者の優有(ゆうゆう)です。子どもたちの幸せと育ちを支えたく、『身近な絵本のプロ』として活動中!絵本の読み聞かせや読書会を通して、コミュニケーションの楽しさ、大切さを2010年から伝えています。(絵本専門士・JPIC読書アドバイザー・日本心理学会認定心理士・幼稚園教諭・保育士)愛知県出身・親指シフトユーザー。詳しいプロフィールはこちら。
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です