絵本専門士・JPIC読書アドバイザーの優有が、絵本と学びと日常をゆるっと綴ります。

読み聞かせでこどもが喜ぶ♪おすすめ絵本~幼児編~

R0002394 (2)
子どもの日にあわせて。絵本セレクト、2投稿目。
心を育てるとか、知育になるとか、大人が求めがちな、そういうセレクトではなーい。ただ、子どもが喜ぶ、ウケる、盛り上がる、子どもに捧げる絵本だけを、独断と偏見で選びました。こちらは幼児編です♪……

乳児編こちら↓
読み聞かせでこどもが喜ぶ♪おすすめ絵本~乳児編~


トンネルをくぐると、色んなものが変身しちゃいます。「とけい、とけい、とけい……けいと(毛糸)」みたいに♪そのうちに、見てるだけなんてもったいない、みんなで声をそろえて、言っちゃう言っちゃう!わいわい♪


遠足って、楽しみ!眠れない!バスに乗れば、「みぎに まがりまーす」って、体が動いちゃう。何より魅力は、園長先生、子どもたちより子ども心の持ち主。次の日ねぼうしちゃった上に、お弁当を忘れてみんなからもらうことになるなんて。
「ピーマン村シリーズ」として、他にもたくさん出ています。ピーマン村の絵本たち(全12巻)←こちらはセット。園長先生がいちばんおいしいとこどり!?このシリーズの作品は、子どもたちも突っ込みどころたくさんなようで、盛り上がること間違いなし。どれもオススメです♪


「しあわせなら てをたたこう~♪」だれもがよく知っている、有名なアメリカ民謡の、しかけ絵本です。思わず「トントン」って手を叩いちゃう。歌にあわせてしかけを動かすと、突然の動きが面白いのか、みんな笑顔!さっそく、真似っこもはじまるんですよー。動きでは、ウインクがちょっと難しいかな、ふふふ☆


作者の聞かせや。けいたろうさんは、実際に上野動物園に身長を測りに行かれたんですって。けいたろうさんは、元保育士でもある、読み聞かせで全国をまわっているプロの方。絵本の内容も、子どもたちの反応も、リアルがいっぱいつまった作品だなあと思います。私も、この絵本を読むと、「カンガルー跳んでるー!」とか「コアラ寝ちゃってるー!」とか、いつも子どもたちとわいわいするのです。どうぶつたいじゅうそくていもあわせてどうぞ☆


話すことばが「うんちっち」のみの、うさぎの子が主人公。なんじゃそれ、です。展開も、最後のオチも、衝撃…!
なんで、子どもって、「うんち」ってことばが出ると、笑うんでしょうねー。男子のロマン(?)が詰まってるような作品。これ、偏見ですかねー(笑)


ことば遊びの絵本。おやじギャグ絵本とも言うかもしれない。「どうもすみま せんぷうき」「じゃんけん ポンず」「あいこで しょうゆ」……はい、オンパレードです。お好きな方、ぜひ。
ことば遊びが楽しめるようになる、4、5歳からくらいがオススメです。でないと、スベる可能性が…!危険…!(笑)

R0002303 (2)
こうやって見てみると、子どもたちが好きなことおもしろいことを、ぐぐっと受け止めて作られている作品が多いのかな、と感じました。こんな絵本に囲まれて毎日を送ったら、ぜったいたのしい\(^o^)/

乳児編こちら↓
読み聞かせでこどもが喜ぶ♪おすすめ絵本~乳児編~

The following two tabs change content below.
優有(ゆうゆう)

優有(ゆうゆう)

ブログ運営者の優有(ゆうゆう)です。子どもたちの幸せと育ちを支えたく、『身近な絵本のプロ』として活動中!絵本の読み聞かせや読書会を通して、コミュニケーションの楽しさ、大切さを2010年から伝えています。(絵本専門士・JPIC読書アドバイザー・日本心理学会認定心理士・幼稚園教諭・保育士)愛知県出身・親指シフトユーザー。詳しいプロフィールはこちら。
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です