絵本専門士・JPIC読書アドバイザーの優有が、絵本と学びと日常をゆるっと綴ります。

手帳と日記を使いこなしたい!記録迷子がゆく③~なりたい自分を照らしてくれる、コボリジュンコさんの100年日記編~

R0001917 (2)

そもそも、なぜ手帳や日記を毎日書くのか? またもや新たにぐるぐる考えてしまう悩みを、見事に吹き飛ばしてくれた、ある出会いを書く、最終回
たまたま知り合いの方が告知していた、コボリジュンコさんの100年日記講座へ気軽に参加してみたら、悩み解決につながる、素敵なヒントが待っていました。……

人を通してやってきた、出会い

習慣化できたらもう大丈夫だと思ってたのですが、甘かったようです。成功したらしたで、書く意味に悩むだなんて、思ってみませんでした。でも、日々何かないかなーといろいろ探していると、見つかるものですね。先日、たまたまSNSを見ていたら、素敵な講座の情報が流れてきたのが目にとまりました。それが、手帳&日記カウンセラーの、コボリジュンコさん100年日記ワークショップでした。良い情報は、いつも素敵な人を通してやってくるのだなあと、改めて感じます。


コボリジュンコさんは「名言コツコツ」というブログもされています。名言・格言・ことわざ等、読むと元気になれる言葉たちがいっぱいです。毎日更新だそうです♪
http://meigen.ko2ko2.net/

100年日記って?

毎年、同じ日の記録を、同じページに書き込めるようにした「連用日記」のデジタル版、とでもいえば良いのかしら…。紙だと、せいぜい10年までしかないのですが、100年日記はデジタルなので(エクセル管理)一生書いていけるのです。100年続けても、大丈夫になってます\(^^)/
※紙派の方もご安心を(^^)「マンスリーシート」と「ライフシート」をルーズリーフに書いたり、紙に印刷して、書き込んでいく方法もあります。ワークショップでは、実際に書いてみる時間がありましたが、ほんとにさくっとかけるうえ、見やすいです。

その他に、「リスト」を活用するのも良さそうです。「やりたいことリスト」「欲しいものリスト」等、目的別にリストを作ります。コボリさんは、「幸せの種」リストと呼んででいらっしゃるのですが、ほんとぴったり!毎日持ち歩いているほぼ日手帳に、私もやりたいことリストを書いて、時々ながめてます。これほんと、わくわくしますよー、おすすめです。

うーん、当たり前だけれど、書ききれない。。。ここに紹介したことは、ほんの少しです。詳しい書き方や内容や活用方法が知りたい方は、本にイラスト入りで丁寧に載っていますので、ぜひご覧ください♪

アプリ活用で、さらに習慣化のハードルを下げる

無料アプリを活用すると、さらに使いやすいです。家でパソコンを毎回開くのがおっくうなので、アプリでささっと記録して、時間のある時にシートに移動させています。私が使っているのは、こちら。

10年日記 アプリ

こちらを使い始めたきっかけは、Facebookから流れてきた情報だったかと思います。感謝!
スマホでいつでもどこでも記録できるので、らくちん。100年日記は朝に今日やることを書くことをおすすめされていますが、私は変則で、大抵仕事帰りの電車の中か、寝る前に1分程度でささっと入力しています(書く時間は現在も検討中です)内容は、基本的にポジティブな出来事と言葉を書いています。凹んだ時も、Good Job!と書いて、自分で自分を慰めているので、人に見られるのはけっこう恥ずかしい内容になってますが(笑)嫌な事があった時や余裕がなくなった時、今まで書いたものをながめていると、自分なりに一歩ずつでも進んできたのだなあと、元気が出てきます
いま、毎日続けて1月半くらい。すでに私の日常のパワーアップアイテムのひとつになっています♪

100年日記は、ごほうびシール

なりたい自分になるために、記録をつけるということ、100年日記のいちばんのキモはここなのでは、と感じます。書く内容は、日々の単なる記録ではなく、夢に関係することが中心
私は、「子どもたちのしあわせと育ち」に貢献できる人になることが今の夢なので、主にそのことを書いています。ただし、まさにその事だけを指すのではなく、もっと広く…例えば、断捨離も、家族とお茶することも、自分の気持ちのメンテナンスをして、夢へ近づく土台を整えるという意味で関係するので、書いています。大切にしているのは、日々、叶えたい目標を意識して毎日を過ごしているのか、1日1回振り返るくせをつけるということです。
100年日記を始めて、予想外のプレゼントがありました。それは、しあわせな気持ちで過ごせる時間が多くなるってこと♪これは、ほんとうに素敵(*^-^*)子どものころに、1ページワークが出来たら、毎回先生に貼ってもらってた、ごほうびシールみたい。

記録は、なりたい自分になるための地図

結局、手帳や日記活用の取り組みを始めて、ぐるぐる迷った末、現在は、

  • 毎日の記録覚えておきたい言葉思いついたネタ「ほぼ日手帳」
  • 思考の訓練や、アウトプットまでの考察楽しみの落書き「スマートノート」
  • 自分の夢に関係した行動の記録「100年日記」

に、それぞれ記録、というところに、落ち着いています。これからも、日々改善してきますが、大枠は当分これでいくつもりです。
あれだけ記録の習慣化が苦手だった私が、今では複数のやり方で記録しているとは。失敗をたくさんしつつも、色々試してみたかいがありました。ほんとうに記録迷子だったので、もう、ふう。。。という感じです(笑)

ここまでやってみて思うことは、記録や日記は、外にあったことを書いて集めるというよりは、自分の大切にしたい事を日々丁寧に見つめる行為だということです。
ゴールのわからないゲームみたい。目の前には冒険が広がっていて、どんな力をつけたらたどりつけるのか、日々の目標を意識しながら小さな挑戦を繰り返して進んでいく。記録の習慣化とは、なりたい自分になるまでの地図なんだろうなあと。
これからも、日記や記録の習慣に並走してもらいながら、一歩ずつでも歩みを進めたいです。

R0001886 (2)

誰かに支えられて、今があるのですね

今回は、立花岳志さんのブログ記事を読んで気になっていて目にとまり、ホラノコウスケさんが主催されるので参加を決めた今回。お二人とお会いしていなかったら、100年日記には出会えていませんでした。
きっかけになったお二人の、100年日記の良記事。とても参考になったので、一緒にのせておきます(*^-^*)
作家・プロフェッショナルブロガー立花岳志さんのブログ「No Second Life」より。
「1年後の毎日が変わる!あなたの夢を叶える「100年日記」by コボリジュンコ — 「日記」の破壊力を1万倍にレバレッジする方法」
ライター&マインドマップ講師ホラノコウスケさんのブログ「ライフハックブログKo’s Style」より。
「プロに学ぶ!飽き性なあなたでも日記を続けられる5つの方法 〜本『あなたの夢を叶える「100年日記」』」

会を主催されていたのは、名古屋ライフハック研究会さん。初参加でどきどきしましたが、みなさん気軽に声を掛けてくださって、とても楽しく過ごせました♪ ワークショップの他に、参加者の方のLT(ライトニングトーク、5分間プレゼン)もあって、盛りだくさんな時間でした(*^-^*)
R0001888 (2)

見つけた「地図」を持って、歩いていく。

チャレンジをたくさんすることはもちろん大切にしたいことですが、なんだか面白そう、とか、おそらく今よりよくなりそう、というだけで何かを始めたり、講座に参加したりすると、やっていくうちに大抵この悩みにぶち当たることを、日記&手帳習慣化のチャレンジを通して思い出しています。自分なりの軸がしっかり見えると、ここをぐいっと越えていくような。

講座や講演会へ行って、何か成したような気になって終わるのではなく、ちゃんと行動に移して、日々の活動…もっと言うと、仕事とか、大切にしたい人とか、直接でも間接でも、誰かの役立つことに影響が出せるようになって、やーっと学べているのだと、しみじみ。
どんなに素敵な「物」も、「方法」も、「考え方」も、魔法みたいにある日突然自分にぱあっとかかってくれるわけではないのですよね。あったとしても、それはきっと「魔法の杖」じゃなくって、ちゃんと行き先を示してくれる「地図」なんでしょうね。自戒もこめて。歩くのは、自分。

The following two tabs change content below.
優有(ゆうゆう)

優有(ゆうゆう)

ブログ運営者の優有(ゆうゆう)です。子どもたちの幸せと育ちを支えたく、『身近な絵本のプロ』として活動中!絵本の読み聞かせや読書会を通して、コミュニケーションの楽しさ、大切さを2010年から伝えています。(絵本専門士・JPIC読書アドバイザー・日本心理学会認定心理士・幼稚園教諭・保育士)愛知県出身・親指シフトユーザー。詳しいプロフィールはこちら。
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です