絵本専門士・JPIC読書アドバイザーの優有が、絵本と学びと日常をゆるっと綴ります。

勝間塾|人材マネジメントは、マネジメントしないこと??佐々木裕子さんのお話|2016年7月月例会感想

R0001428
勝間塾、大好きです。ここでの学びは、私の支えでもあります。
3年半以上も前から塾生としてお世話になっているのに、そういえばブログでは一度も書いたことなかった…と思って。
毎月1回、講義があるのですが、それが今月は20日でした。テーマは「人材マネジメント」
これから、出来るかぎり、感想と学び、書こう!……

人材マネジメントは誰のもの?

今まで、人材マネジメントの視点は、部下をたくさん持っているような人が必要なものかと思っていましたが、誰にでも必要だなんて。同僚も、上司も、取引先も、ぜんぶぜんぶ関係ある、人材マネジメントの視点。
今回は、塾長の勝間和代さんの他に、ゲスト講師佐々木裕子さんが登壇されました。お顔の感じも、よく似ていらっしゃるお二人(*^-^*)
長野県の塩尻市の、地域創生事業の事例紹介を中心に、とてもわかりやすくお話くださいました。

人材マネジメントは、可能な限りマネジメントしない

講座での、佐々木裕子さんのお話。

  • 変革屋として大切にされていること
  • 長野県塩尻市の地方創生の、空き家対策の事例
  • 何をしたら、空気が変わるか
  • まかせることの大切さ
  • フォロワーシップ マネジメント

などなど。全部メモしたい気持ちでいっぱい。
動く人と組む短期間に結果を出す、と、いろいろぐさっと刺さる言葉も。自分は選ばれる人になってるかな、短期間で結果を出すことを気にしているかな、と、反省反省。

思えば自分だって、仕事でも、プライベートでも、細かく決められた中で何かをやったときよりも、任せてもらえた時いちばんやる気にもなるし、わくわく取り組むし、良い結果になることも多い…。マネジメントは、任せること。これって、どんな人に対する関わりにも当てはまることですよね。。。ついつい不安だったり、余裕がなくなったりすると、細かく監視するように確認したり言ったりしがちですか、逆効果だったのですよねー。うーん相手を信じることって大切!

ゲスト講師の佐々木裕子さん

株式会社チェンジウェーブ代表。
日銀、マッキンゼー、ソニー変革室を経て、株式会社ChangeWAVE創立。
「目に見える人の変化」を通じて企業変革を仕掛ける 「企業変革パートナー」として、企業リーダー育成、ダイバーシティ推進、組織変革を手掛ける。
著書に「21世紀を生き抜く3+1の力」等。
オフィシャルブログ「変革屋のHITOLABO」より

すごい人ですー。今回勝間塾のゲスト講師としては2回目だそう。以前から気になっていた、creche bebe(託児サービス事業。子どもの個性と能力を最大限に引き出す保育)を立ち上げた方でもあり、ほんの少し、ちらっとだけでも保育所のお話が出て来たことも、嬉しかったです。

今回の課題本だった、佐々木裕子さんの著書「21世紀を生き抜く3+1の力」はこちら。今回の課題本だから、とか関係なく。読んでとてもよかったので、オススメです。

勝間塾って?

経済評論家 勝間和代さんの私塾。オンラインサロンと融合した、学びの場知のスポーツジム楽しい…!
魅力は本当にたーーくさんあるのですが、一番の魅力は、視野も人の繋がりも、ぐぐっと広がることでしょうか。

勝間和代さんのサイト。勝間塾についても、詳しく載っています。
http://www.katsumaweb.com/index.php

雰囲気や塾生の様子を詳しく知りたい方は、有志の塾生メンバーで作った、kindle本もあります。100円。安いです(^^)/
「勝間塾のススメ」出版プロジェクト実行委員

私は愛知県に住んでいるうえに、月例会は毎月たいてい平日夜に行われるので、なかなかリアル参加できない事が多いのですが、せめてなるべく、リアルタイムで講義のライブを見たいなあと思ってます。後日1か月間、講座の動画を見られたとしても。
あーーー今月の月例会も、楽しかった!

The following two tabs change content below.
優有(ゆうゆう)

優有(ゆうゆう)

ブログ運営者の優有(ゆうゆう)です。子どもたちの幸せと育ちを支えたく、『身近な絵本のプロ』として活動中!絵本の読み聞かせや読書会を通して、コミュニケーションの楽しさ、大切さを2010年から伝えています。(絵本専門士・JPIC読書アドバイザー・日本心理学会認定心理士・幼稚園教諭・保育士)愛知県出身・親指シフトユーザー。詳しいプロフィールはこちら。
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です