絵本専門士・JPIC読書アドバイザーの優有が、絵本と学びと日常をゆるっと綴ります。

家族って素敵! 家族のつながりを感じる絵本

r0002292-2
行楽シーズン、家族で過ごすことも多くなりそうな、これからの季節ですね。旅だって、食だって、遊びだって、いっしょにできちゃう! 楽しい季節。
今回は、家族をテーマに絵本をセレクトしてみました。……

いつも一緒だからこそ、伝えたい想いがある

愛してるって、大好きだよって、いつも一緒の家族には、なかなか日常生活で言えないかもしれない。一番近くにいる人だから、恥ずかしい思いもあるかも。家族ってそんなもの。私だって、言えないです、きゃーーはずかし(笑)
そんなときは、伝えたい想いを絵本にのせては。
読み聞かせは、愛情を伝えます。恥ずかしくって言えないことも、絵本だったら言えそう(*^-^*)

家族のつながりを感じる絵本

赤ちゃんから読める、この絵本。動物もくっつく、わたしとママとパパもくっついちゃう。くっつくって、誰でもできて、すぐできて。いちばん大好きって気持ちを伝えますね(*^-^*)


鼻と同じところは? おでこは? 家族って、似てきますもの、こんなところがそーっくり。思わず、どこが似てるかなーと考えちゃいそう。

キライ、ですって! ママのことが。でも、ママだって、いつも完璧ママじゃないんです。こんなふうにキライ、だなんて言われちゃうのは、胸きゅんな人もいるのでは。私が読み聞かせを始めて、初めてママのお客さまが涙を流してくださった、思い出の絵本です。

みんなのお父さんって、どんな人でしょう。仕事と、家とは違うでしょうか。どちらも好きな、頼もしいパパですもの、大好きな気持ちが高まりそう。

家族とは何かを考えたら、この絵本も入れたいな、と。言わずと知れた名作。何度も生まれかわり、様々な人生を生きるねこ。自分よりも大切な存在ができたとき…。愛とは何か、問いかけます。

赤ちゃんは、おへそのあなから、生まれてくるまでの家族の様子を見ているのです。お子さんのこと、おにいちゃんになったら…色々な立場のひとが、それぞれ思うこともあるのではないでしょうか。家族が増えるって素敵。

おじいちゃんの、おじいちゃんの、おじいちゃんの…って、たどっていくと、なんと原始時代!? 世代を超えた繋がりを感じられそう。人気絵本作家の長谷川義史さんのデビュー作。

ぼくとおじいちゃんの、思い出。だいじょうぶだいじょうぶって、安心させてくれたこと。病院の場面のラストは、個人的に、私も思い出してしまう。涙が…。

家族との素敵な時間に繋がりますように

毎日会う家族。そばにいるからこそ、絵本を通して改めて伝えたい気持ちもありそう。
絵本があったら、こんな場に繋がるのでは。触れる愛してると伝える安心を感じる想いを受け取る……。
たくさんの素敵時間が、絵本を通して生まれますように。

The following two tabs change content below.
優有(ゆうゆう)

優有(ゆうゆう)

ブログ運営者の優有(ゆうゆう)です。子どもたちの幸せと育ちを支えたく、『身近な絵本のプロ』として活動中!絵本の読み聞かせや読書会を通して、コミュニケーションの楽しさ、大切さを2010年から伝えています。(絵本専門士・JPIC読書アドバイザー・日本心理学会認定心理士・幼稚園教諭・保育士)愛知県出身・親指シフトユーザー。詳しいプロフィールはこちら。
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です