絵本専門士・JPIC読書アドバイザーの優有が、絵本と学びと日常をゆるっと綴ります。

月が出てくる絵本|寝る前の読み聞かせにいかがでしょう?

R0003347 (2)
9月とえば、お月見の行事が思い浮かぶ方も多いかもしれません。
月がテーマの絵本って、落ち着いた雰囲気の中で読みたいものがたーくさん。おやすみ前の絵本にもぴったりです。
今回は、お月見の前に、こんな絵本をセレクト。……

月の絵本って、おやすみ前に読む絵本にぴったり

お月さまって、どんなイメージでしょうか。優しく、そっと照らしてくれるイメージ?
絵本も、お月さまが出て来るものは、優しさや愛情にあふれた作品が多いなあと感じます。

2016年の十五夜は、9月15日(木)だそうです。
絵本を通じて、月を感じながら親子の関わりのきっかけにしてみてはいかがでしょうか。

お月見の行事を感じる絵本

お月見当日、みんなは元気のないうさぎを見つけます。お月見団子の作り方も載っています。いつもこのシリーズは、園長先生に感情移入しちゃうなあと思います。子どもの心をだれよりも共感できる人じゃないかしらー。


人気の14ひきシリーズの1冊です。子どもたちが一生懸命作っているものは…? 秋の森の美しい景色と、家族で月を見る感動が伝わってきます。うーん、きれーい!

月が出てくる絵本

夜空にぽっかりうかふお月さま。赤ちゃん絵本で人気のこの絵本も、月テーマですねえ、何度も読んだという方も多いのでは。ファーストブック(はじめての絵本)にもぴったりです。


この方の絵を見たことがない人はいないんじゃないかしら、と思う、エリック・カールさんの有名絵本。「パパ、お月さまとって!」と言われて、大奮闘するパパ。ダイナミックなしかけも魅力です。特に、世のパパさん、この絵本で読み聞かせしてみませんか、おすすめです。

「おやすみとけいさん」「おやすみくつした」と、身の回りのものに、おやすみなさいと語りかけていきます。きっと読み聞かせで生まれるのは、親子やすらぎの時間。ほっこり(*^-^*)

人も動物もみんな、お月さまに語り掛けたり、願いをかけたり。葉祥明さんの絵がどれも本当に素敵で、飾っておきたいページばかりです。

ねこ好きの方にもおすすめ。いっぴきのねこがささやく、お願い事。1人で静かになれる場所を探します。きっといいことがみんなにありますように。

幻想的で美しいファンタジー世界。ねこのえびおは、誕生日におじいちゃんから送られてきた「うきわ」を手に、満月の夜を心待ちにします。特別な経験って、誰にもありそう。大人の女性の方にもおすすめです。

長新太さんのナンセンス絵本。えーーーどゆこと??? 話の展開に驚いた覚えが。月の絵本の中で、笑えるって異色かも。これは…夢にも出てきそう!?

青と黒の中で、ひときわ目をひくオレンジ色が美しく、出合った時私はひとめぼれでした。「おやすみなさい、わたしのかわいいこ」繰り返しわが子へ愛情を伝える言葉が、じーんと胸に響きます。

最近のイベント

絵本の読み聞かせ子育ておしゃべりなど、ほっこり親子で過ごせる会を、月1名古屋で開いています。
次回は9/18日(日)10:45~11:45 栄の758キッズステーション(ロフト6階)、託児ルームです。
ぜひ遊びに、おいでくださーい(^^)/
子育て支援「ゆうゆうっこ」イベントページ
詳細はこちら →https://yuuyuu1.com/yuuyuukko/

The following two tabs change content below.
優有(ゆうゆう)

優有(ゆうゆう)

ブログ運営者の優有(ゆうゆう)です。子どもたちの幸せと育ちを支えたく、『身近な絵本のプロ』として活動中!絵本の読み聞かせや読書会を通して、コミュニケーションの楽しさ、大切さを2010年から伝えています。(絵本専門士・JPIC読書アドバイザー・日本心理学会認定心理士・幼稚園教諭・保育士)愛知県出身・親指シフトユーザー。詳しいプロフィールはこちら。
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です