絵本専門士・JPIC読書アドバイザーの優有が、絵本と学びと日常をゆるっと綴ります。

親と子が共に学べる場作りは、どう支える?


親御さんの学びの場でお子さんをどうする問題について。
先日、ギャラップ認定ストレングス・コーチのはなわひであきさんの子育てストレングスという講座で、子どもサポートをする機会がありました。学びたくても自由に学ぶことができない方に学ぶ場所を提供したい(ご所属の『ラーニング プレイス』の由来)もあるそうです。素敵ですよね。
ぜひ子どもを持つ方にとのひであきコーチの想いが素晴らしく、私にできることはないかなと思ったのです。そこで感じたことを含め、親と子が共に学べる場作りについてシェアします。

講座中託児で あるとよさそうなもの

今回は講座をやっている会場で子どもも過ごすことになるので、講座の進行に影響しにくく長時間子どもが落ち着いて遊べるものが必要です。さらに、ただ待つだけではなく、子ども自身も創造できたり たまたま集った仲間でさらに楽しく過ごせるような、この時間を有意義に過ごせるような配慮はないものか…と考えました。また、年齢も幅広いことも含めて今回を振り返り、今後持参するとよさそうなものをリストにまとめてみました。
レゴやプラレール等の玩具は省いています。あくまでお子様対応する個人が無理なく持参し、対応できるものをまとめています。基準は大型トートバックに入れて持って歩ける程度。

  • 絵本 人数や年齢等幅広くカバー可能 ※今回の絵本のセレクト内容は下へ
  • 塗り絵や迷路など 1枚の紙である程度遊べる
  • 白紙、画用紙、色画用紙、折り紙など 自由にアレンジしたり工作が可能、特に折り紙は色の種類が豊富で切る折る貼るも万能なので大量用意がなおよさそう
  • トランプやウノやボードゲーム類 長時間対応可能。居合わせた初対面の子とも遊びやすそう
  • クーピー 会場の備品や手を汚す心配が少ない。ペンだと洋服や手や会場の汚れに気を遣うのでこちらをおすすめ
  • 子ども用ハサミ 同時使用ができないため、数が多いとなお可
  • ギザギザはさみ あると作品の幅が広がるので、より楽しい
  • のり 制作に必須
  • セロテープ 制作にも壁面飾りにも活用できる
  • 型抜きパンチ 複雑な形も手軽に作ることができる。また「抜く」ことも楽しめる。今回は星型と花型とハート型を持参
  • ビニールシート 人数対応がしやすい、年齢問わず使える
  • プレイマット 乳児対応に大活躍
  • テーブルクロス 汚さないためにあると安心。また、講座開催となると会場を借りる時間がタイトな場合もあるので、そのまま撤収可能なのもよい
  • ゴミ袋 前もって子どもに伝えておくと、自分達で捨てに来てくれるのでおすすめ
  • ウェットティッシュ

この他にシールも持参しましたが、今回は万が一会場の備品に貼ってしまう子がいると、取って会議室を原状回復するのに時間がかかってしまうおそれがあるのでやめました。常に目のゆき届く子どもの人数や範囲なら、活用するのも楽しいかもしれません。

折り紙で切り絵をしたり、型抜きをした星型をふわっと降らせてみたり。ひとつ制作や遊びの例を伝えると、子どもたちがどんどんオリジナルな遊びに発展していく様子が見事でした。最初の写真の壁面は、当日作って飾った、お子さんの作品の一部です。

場の共有で、大人と子どもがゆるく繋がる

講座中に遊んでいても、自分の話が出ると「それ言わないで!」と声をあげる子がいたのも印象的でした。大人と子どもがゆるく繋がっている。例えば、家にいてそれぞれにやりたいことに取り組むのだけれど、場を共有しているような感じに似ているかもしれません。場の共有、いいなあと思った時間でした。

以下は、サポートに入った講座の講師の方の紹介です。今回の講座、ご参加の親御さんたちのお話も盛り上がっていて、熱かった…!

はなわひであきコーチ

ギャラップ認定ストレングス・コーチ。ストレングスファインダー(※)が好きすぎてコーチになられた方で、いつもほんとうに楽しそうにお話してくださいます。お会いすると元気になれる方も多いのでは。
はなわひであきコーチの、わかりやすいストレングスファインダー話題たっぷり素敵ブログはこちら。もちろん講座がいちばんよくわかるのですが、(趣味!?の)無料の資質読み込みもされていらっしゃいます。敷居が高いよーとか、診断したけれど自分が持っている資質はつまるところどんなものなのか気になるよーという方は、よろしけれはぜひ(*^-^*)私も以前受けてみてとても参考になりました。

「ストレングスファインダー・ライフ」
http://ameblo.jp/hide-1017/

※ストレングスファインダーとは?
ストレングスファインダー®はアメリカの世論調査&コンサルティングのギャラップ社が、一人ひとりが自分の得意を見極め、日々自分の強みを使って仕事をすることで、楽しく、しかも効果的に成果を出してもらうために開発したツール。
https://strengths-labo.com/strengthfinder/

今回の講座関係のリンク

ひであきコーチがブログで紹介してくださいました。しかも2回も…! 感謝…!!!
「子育てストレングス」
http://ameblo.jp/hide-1017/entry-12263677126.html

「目の前の人に喜んでもらうために、弱みは捨てる」
http://ameblo.jp/hide-1017/entry-12265917726.html

講座の内容については、ご参加の方のブログに詳しく書かれていますのでぜひご覧ください。参加者の方もわいわい盛り上がる素敵講座でした(*^-^*)

「子育てストレングスファインダー&アドラー心理学勉強会&くるみ亭」中野有紀子さん
https://consulting.evergirl.jp/20451920170904

「子育てストレングス・ファインダー☆私がこれからやる10つのこと」yoshikoさん
http://colofullife.hatenablog.com/entry/2017/04/10/145034

「子育てとストレングスと私」氷室さん
http://teppen-top.hatenablog.com/entry/20170411/1491862221

おまけ・今回の使用絵本紹介

会場の大きさや子どもの様子から、10冊程度をセレクト。
参加者は乳児~小学校低学年まで、男児が多め。絵が間近で見られる状況で、楽しめそうな絵本にしました。
また、どんな子がきてもいいように、人気な「食」の話題を多めに&季節絵本を少しというイメージです。

なにこのお話ー、と、この絵本リストの中で、子どもたちにいちばん最初に手に取られた作品でした。めっきら、もっきら、とひとことずつ読んでいた子も。

桜が満開の今、この絵本はぜひ持って行きたいと思って持参しました。女の子より、男の子が手に取っていたのが新鮮でした。

だれが食べたのかを当てるのも楽しい。有名どころの絵本、うちにあるー!と教えてくれた子も多かったです。

パタパタといちページだけで絵の変化も楽しめます。0歳のお子さまに手渡した1冊です。親子で楽しんでくれていたようで、ほっ。

鏡のしかけが楽しい作品です。そうそう、小学生のおにいちゃんたちは、オレ知ってるしー、と得意げに伝えてくれたのですよ。

シンプルなのにホットケーキがおいしそう。作る場面が描かれていくからでしょうか。ちいさいこ向けに持って行きました。

たくさんのパンが絵が描かれているページをじっくり見てほしくてセレクト。

春、お弁当、といったら、このお話が思い浮かびました。繊細で丁寧に描き込まれた絵も必見です。お話も絵も、じっくり楽しめることうけあい。

様々な場で新たなチャレンジをするぐるんぱと、4月新しい環境で過ごすみんなと、共感できる部分も多そうで。

The following two tabs change content below.
優有(ゆうゆう)

優有(ゆうゆう)

ブログ運営者の優有(ゆうゆう)です。子どもたちの幸せと育ちを支えたく、『身近な絵本のプロ』として活動中!絵本の読み聞かせや読書会を通して、コミュニケーションの楽しさ、大切さを2010年から伝えています。(絵本専門士・JPIC読書アドバイザー・日本心理学会認定心理士・幼稚園教諭・保育士)愛知県出身・親指シフトユーザー。詳しいプロフィールはこちら。
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です