絵本専門士・JPIC読書アドバイザーの優有が、絵本と学びと日常をゆるっと綴ります。

ゆうゆうっこだより|水族館へいこう! うみの絵本、さかなの絵本紹介も。

sakana
なんと、いつもの市の施設のお部屋がとれなくって、ちーーん。。。
どうしようか考えた末、いつもきてくださるママさんとお話して、場所を変えちゃえーー&夏休みスペシャルってことで、遊びに行こう♪ ということに。なので、8月の子育て支援「ゆうゆうっこ」は、絵本会でなくって、水族館に行きます(^^)/
絵本はもっていけないので、今回はブログで絵本紹介をしています(イベント案内の下に紹介↓)

名古屋港水族館にいこう

2つのテーマ館や世界最大級のメインプールなどで、約500種50000匹の海のいきものを間近に観察できます。おおきな水槽は大迫力!シャチやベルーガもいるし、ダイナミックなイルカショーもあります。ベビーカー貸し出し等も対応していて、乳幼児の子たちも安心して過ごせそう。
もちろん、何か絵本の相談もあれば、当日なんなりとお伝えください♪ お魚たちに癒されつつ、お話しましょう。

日時:2016年8月28日(日) 10:15 入口で付近待ち合わせ、 10:30~入館 ※現地集合、現地解散です。
場所:名古屋港水族館
http://www.nagoyaaqua.jp/
料金:各自入館料や飲食代 等
参加方法:問い合わせフォームからお申込みください。当日近くなったら、連絡先や目印等、詳細をメールでお伝えします。

ご参加はこちらから → https://yuuyuu1.com/contact/

※メールに、大人の方のお名前ご参加のお子さんの年齢&人数、可能なら、はぐれた時のための当日の連絡先(携帯番号等)を入力して、送信してください。

基本的には、ゆるっとな感じです。はぐれたら、適当に連絡とりつつ、集まる感じで。解散は自由です。

うみ・さかなの 絵本紹介

海や魚が出て来る絵本や図鑑を、選んでみました。

どうして だれも ぼくを すきになって くれないのかな?美しい鱗をもつにじうお。分け合うやさしさ、他者を思いやる気持ち、にじうおの心の成長を描きます。表紙の加工もきらきら綺麗で、本屋さんでおもわず手にとった方も、きっといらっしゃるはず。


大人気の、100かいだてシリーズの中の1冊です。この作品は、海。下へ下へと続く海の家は、不思議な世界。イルカやら、タツノオトシゴやら、どのお部屋もいろいろ、どれも素敵で、じっくり見入っちゃう!

ザザーン サラサラサラ ザザーン サラサラサラ 南の海で、こんなふうに過ごしてみたい。オノマトペが、耳に心地よく、夏の一日が綴られます。乳児さんだと早いかなー、イメージができる、幼児さんくらいからの読み聞かせがおすすめ。

小学校の国語の教科書でおなじみの、スイミー。ストーリーも絵も、なにもかも素晴らしいと思うのですが、私がいちばんお気に入りなのは、豊かな比喩表現。にじいろのゼリーのようなくらげ… すいちゅうブルドーザーみたいないせえび…。

ねことさかなって、敵同士なのに、このお話の中では、仲良しなんです。2人(2ひき?)だからこそ、いろんなピンチも乗り越えられる。この作品では、かばさん親子の娘さんの誕生日をお祝いします。その時のスイカの、びっくりおおきなしかけに注目です。どの作品も、それぞれに趣向をこらしたしかけが楽しい、ねこざかなシリーズ。

ちなみに、ねことさかなの出会いは、1作目のこちらを☆

きっとご存知の方も多いのでは、人気の絵本作家、葉祥明さん。水族館に行った少年が、イルカに話しかけられます。大人向けかしらー、学生さんも。美しく癒される。愛、命、自然保護へのメッセージ。

図鑑ナチュラシリーズの1冊。この本は、水にまつわる生き物を紹介しています。小学生にあがる前の幼児さん~就学後も活用できる図鑑、個々の説明だけでなく、イラストや特集ページも多く、科学絵本的な要素も。全てルビあり&字も大きめ。はじめての図鑑におすすめです。

The following two tabs change content below.
優有(ゆうゆう)

優有(ゆうゆう)

ブログ運営者の優有(ゆうゆう)です。子どもたちの幸せと育ちを支えたく、『身近な絵本のプロ』として活動中!絵本の読み聞かせや読書会を通して、コミュニケーションの楽しさ、大切さを2010年から伝えています。(絵本専門士・JPIC読書アドバイザー・日本心理学会認定心理士・幼稚園教諭・保育士)愛知県出身・親指シフトユーザー。詳しいプロフィールはこちら。
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です